© 2023 by Coming Soon

Proudly created with Wix.com

November 12, 2019

November 5, 2019

October 16, 2019

October 10, 2019

October 2, 2019

October 2, 2019

September 30, 2019

Please reload

Recent Posts

Whoosh!

November 28, 2018

 

I am so impressed with the various approaches of each artist in Cloth in Common.  Seems we all have major concerns about water issues.  During the time I was working on my quilt, Hurricane Michael was threatening and then came crashing into the panhandle area of Florida, causing death and destruction.  I’m also distressed about the amounts of plastic and other waste in our oceans. 

 

 

 I chose to develop a design showing active waves, and using all scrap pieces of my fabrics.  This idea reminded me of times when I worked with small children and we would create collages using unusual shapes of paper when our scrap boxes were overflowing.  I pulled out a tub of scrap fabrics and began by sorting warm/cool/neutral colors.  Step two was to further sort each group by light/medium/dark values. 

I then basted together some batting, a large piece of felt, and a beige top fabric to serve as a base for the scrap shapes.  This hung in my kitchen for the duration of the applique process.

 

 

 

 

A scrappy, dark wavy line started it all.  Followed by a second dark wavy line with a curl.  You can see that I was appliqueing the scraps to the base using a running stitch of embroidery floss.  Lines of stitching were spaced about a half inch apart.

 

 

                                     On to a medium value adjoining section. 

 

 

 

 

I considered leaving the beige base fabric showing, but, I had all those light color blues, greens and violets, so I began piecing them as well.  I left the edges of each section unstitched so that I could overlap neighboring areas before stitching them down. 

 

 

Once everything was stitched, I added a backing fabric, and began quilting – again with a running stitch, using hand quilting thread.  All that stitching gave the quilt a lovely texture.

 

 

Finally, the quilt was blocked and faced.  Miraculously, I still had several weeks until the deadline to finish.  So, I started thinking . . . about how else I could have interpreted the water theme.  My daughter works with water movement and treatment.  As a result, I am more aware of pump stations and various equipment and controls for handling water. 

 

 

I have collected some photos of the interesting pipes, wheels, chains, locks, etc.  I thought I would sometime do a series on these sculptural forms.  Looks like I missed a good chance to get it started!

 

Whoosh!

30 by 40”

Raw edge hand applique

Hand quilted


私は公有地の布の各芸術家のさまざまなアプローチとそう印象づけられる。 すべてに水問題についての主要な心配がある私達はようである。 私が私のキルトに取り組んでいた時、ハリケーン ミハエルは脅して、次に来フロリダの突出地域区域に衝突し、死および破壊をもたらす。 私はまた私達の海洋のプラスチックそして他の無駄の量について苦しむ。
  私は活動的な波を示し、私の生地のすべてのスクラップの部分を使用する設計を開発することを選んだ。 この考えは時を私達のスクラップ箱が流出していたときに私が小さい子供と働いた私達がペーパーの珍しい形を使用してコラージュを作成する私に思い出させ。 私はスクラップの生地のたらいを引き出し、暖かい分類によって始めたり/冷却したり/中立色。 ステップ2は更にライト/中型/暗い価値によって各グループを分類することだった。
  私はスクラップの形のための基盤として役立つためにそれからフェルトのバットの使用、大きい部分、およびベージュ上の生地を一緒につけた。 これはアップリケ プロセスの持続期間のための私の台所で掛かった。
断片的で、暗い波状ラインはそれをすべて始めた。  カールと第2暗い波状ラインによって続かれる。 私が刺繍のフロスの連続したステッチを使用して基盤にスクラップをappliqueingことを見ることができる。 ステッチのラインは約半インチ別間隔をあけられた。
中型の価値隣接したセクションに。 私はベージュ基礎生地の提示、考慮したが、私はそれらの薄い色の青、緑およびバイオレットがすべてあった残すことを従って私はそれらを同様に継ぎ合わせ始めた。 私は私がそれらをステッチする前に近隣区域を重複できるのは各セクションの端を束になっていない残したからである。
  すべてがステッチされたら、私は裏付けの生地を加え、手のキルトにする糸を使用して連続したステッチと–再度、キルトにし始めた。 すべてステッチするそれはキルトに美しい質を与えた。
最後に、キルトは妨げられ、直面された。 奇跡的に、私はまだ終わるべき締切までの数週を過した。 従って、私は私が水主題をいかに解釈したかもしれないか…約考え始めた。 私の娘は水動きおよび処置を使用する。 その結果、私は水を扱うためのポンプ場におよびさまざまな装置および制御気づいている。 私は興味深い管、車輪、鎖、ロック、等のある写真を集めた。 私は私がいつかこれらの彫刻の形態のシリーズをすることを考えた。 私がそれを始められて得るよいチャンスを逃したように見る!
しゅーという音を出しなさい!
40"で30
未加工端手のアップリケ
キルトにされる手

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Follow Us