© 2023 by Coming Soon

Proudly created with Wix.com

February 11, 2020

February 5, 2020

February 1, 2020

February 1, 2020

January 31, 2020

Please reload

Recent Posts

Gender Mending.

March 29, 2019

 

With all the disunity in the political scene, my own life seems peaceful, calm and orderly.

However I do have an ongoing discussion with my husband regarding transgender issues. I am not preoccupied with details of birth certificates and genes.  I feel all the thorny social questions that surround us now will sort themselves out: bathroom and locker room use, sports, military, legal records, etc.

Gender identity, for me, rests somewhere on a broad spectrum of possibilities, and I feel lenient with allowing a person to find their own place on that spectrum as they grow into themselves.

 

My husband, broad minded though he is, is stuck on the chromosome issue. Those can’t be changed. Females are XX and males are XY. Full stop.

While I was thinking about this, I noticed in my increasing us of hand embroidery, that X's and Y's tend to show up all the time. I've been obsessed recently with the Japanese Sashiko stitching, and boro (mending). 

 

I decided to create a piece that combines mending and gender.

Materials: vintage feed saks, fabrics, embroidery threaa

Methods: hand stitching, raw edge applique and reverse applique

Martha Ressler

Gender Mending

20 x 16'

政治情勢の中のすべての混乱により、私自身の人生は平和で、平穏で整然としています。
しかし、私はトランスジェンダーの問題に関して私の夫と継続的な議論をしています。私は出生証明書と遺伝子の詳細に夢中になっていません。バスルームや更衣室の使用、スポーツ、軍事、法的記録など、私たちを取り巻くすべての厄介な社会的問題が解決されると思います。
私にとってジェンダーアイデンティティは、幅広い範囲の可能性にかかっているので、成長するにつれてその範囲内で自分の居場所を見つけることができるようになることに寛大に感じます。

私の夫は、彼のことを広く心に留めていますが、染色体の問題で立ち往生しています。それらは変更できません。女性はXX、​​男性はXYです。フルストップ
私がこれについて考えている間、私は手刺繍の私達の私達の私達の増加の中で、XとYが常に現れる傾向があることに気づいた。私は最近日本の刺身のステッチ、そしてボロ(繕い)にとらわれています。

私は、性欲と性別を組み合わせた作品を作ることにしました。
材料:ヴィンテージフィードサックス、布地、刺繍糸
方法:手縫い、生エッジアップリケ、リバースアップリケ
マーサレスラー
ジェンダーメンディング
20×16 '

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Follow Us